債務整理のデメリットを種類ごとに比較!~借金問題解決方法~

債務整理のデメリットを種類ごとに比較!~借金問題解決方法~

債務整理のデメリットを種類ごとに比較!~借金問題解決方法~


借金問題で悩んで、自殺・夜逃げをしてつらい生活を送っている方がいます。
債務整理では、借金の額を減らして借金の整理が出来ます。
長く苦しい借金生活を解決するために、債務整理はとても賢い方法なんです

まずは、借金減額診断ツールを使ってみましょう!

匿名・無料で利用出来るので安心して調べられます。
「どれくらい減額できるの?」と気になる方におすすめです。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

債務整理をすると、実際どうなる?

メリットとデメリットは?

自己破産の場合
借金が¥0!

返済する必要がなくなるので、経済的に1番◎

価値のある財産は処分されることも!

現在価格が20万円を超える財産や、99万円を超える現金は処分されます。

職業の制限

自己破産の場合のみ、一部の職業で制限がかかります。
3ヶ月~半年間ほど、警備員などの職には就けないので注意が必要です。

 

任意整理・個人民事再生の場合

メリットとデメリットは?

借金が減額!

大幅に減額されますが、3年程度は借金を返済することになります。
※決定後の利息は免除されるので、とても返済しやすくなります。

 

場合によっては、期間を5年にのばしてくれることもあります。

財産の処分はしなくてもOK!

マイホームを守りたい!という方におすすめです。
住宅ローンがあっても自宅を手放さなくてOKです。
自動車なども処分せずに手続きできます。

 

債務整理全てにおいてのデメリット

信用情報(ブラックリスト)への登録

一定期間、借入ができなくなります。クレジットカードも作れません
自己破産・個人再生:約7~10年
任意整理:約3~5年

 

官報にも掲載されますが、一般の方が見る可能性は低いです。

 

保証人には債務が残る

自己破産・個人再生:保証人が返済
任意整理:保証人と一緒に任意整理手続きを行うことで、免れることができます。
保証人の方が、自己破産を行うケースも多いんです。

 

どの手続きが最適なの?


あなたの借金額や状況によって、変わります。
なので、まずは無料相談が出来る弁護士事務所を見つけることがおすすめです

 

弁護士事務所の選び方

相談が無料で出来る!

相談料が0円の事務所がおすすめです。費用が分割出来るかもチェックしておきましょう!

借金系の専門事務所

借金に強い弁護士事務所を選ぶことは必須!内緒の借金整理も可能なところが多いです。

実績があるのか確認する

実績があるか必ずチェックしましょう!事例などを確認するのも◎

【知っておけばよかった】債務整理する前に!トクする情報まとめ

実は弁護士に相談する前に、自分の借金が減額出来るか、簡単に調べることが出来るんです。
利息が0%になったり、借金が1/5になったり・・・
借金解決診断シミュレーターでぜひ試しましょう!
無料で使える!匿名でOK!!


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

無料相談出来る法律事務所は?

弁護士法人RESTA法律事務所

粘り強く交渉してくれる!!

  • 相談料0円!
  • 分割払い可能!
  • 安心の経験と実績!

 

無料電話相談0120-501-605


⇒【弁護士法人RESTA法律事務所】無料相談はこちらから

 

岡田法律事務所

気軽に相談できて、精神的に辛い方も安心!

  • 初回相談無料!
  • 借金問題の実績が多い!
  • 土日、全国対応!

 

無料電話相談0120-863-673


⇒【岡田法律事務所】無料相談はこちらから

 

樋口法律事務所

債務整理の費用が用意出来ない方向け!

  • 初期費用は¥0!
  • 安心の後払い・分割払い!
  • 365日24時間全国対応!

 

無料電話相談0120-288-394


⇒【樋口総合法律事務所】無料相談はこちらから

自己破産の申し立てや生活保護の申請や会社更生法の申請を行う前には、必ず債務整理しましょう!
必要最小限の生活に必要の無い資産を処分して債務に充てたり、生活保護が必要な状態をアピールする為には必ず必要な手続きになります。
生活や借金に追い詰められている場合はどうしてもこの手続きが必要になり、この手続きを行う事で行政機関や金融機関に対して誠意を示す為にも必要です。
これまでしてきた贅沢は出来なくなるなどの経済的なデメリットも有ります。
しかし、それ以上に債務整理すると行政手続きがスムーズに進みますのでメリットの方がはるかに大きいとも言えるでしょう。
特に生活保護の場合は債務整理をしていないのが発覚すると、返金請求や生活保護が止められる可能性も十分に有りますので必ず債務整理は行いましょう。
それに債務整理すると自己破産の手続きの時に債務に充てられますので、債権者に対しても誠意を示す事が出来ます。
精神的な面でも大きなプラスになりますので、心機一転して新しい生活にのぞむ事が出来ます!
その様な面から考えても債務整理はこれらの行政手続きの為には本人にとっても必要な手続きとも言えます。
借金を免除してもらったり行政サービスを受ける時は、基本的には資産の有る人には厳しいです。
なので、債務整理を行わずに申請しても債務の免除や生活保護の許可は基本的に下りないことが多いです。
さらに、資産を隠して生活保護の申請をしても審査でばれたら確実に保護は受けられませんので、債務整理は必要な作業とも言えるでしょう。