高校留学のお役立ち情報がいっぱい!

このサイトでは、高校留学でニュージーランドに行く際に知っておくべき様々な情報を詳細に解説しています。
留学で最も注意しなければならないのは現地での滞在先で、どのスタイルを選ぶかによって体験できる生活スタイルも変わるものですが、それぞれのものに関して一つ一つ詳細に紹介をしているのがポイントです。
加えて最も気になる金銭的な部分でも細かく記載されており、自分のスタイルに合わせて選ぶための情報が網羅されているのが特徴となっています。

高校生のニュージーランド留学生活の流れ

高校生のニュージーランド留学生活の流れ 最近では、高校留学にニュージーランドを選ぶと言う人も少なくありません。
アメリカやイギリスに比べて自由な雰囲気を感じるばかりでなく、日本との交流も非常に深いことから文化的に近いと感じる人も多いものです。
また近年では語学留学のためにアメリカやイギリスを利用するよりも、その他の国を利用する方が効果的な学習ができるということが提唱されており、その地域を利用する人も増えているのです。
ただし高校留学で注意をしなければならないのは現地での生活で、日本とは文化が似ているとは言え食生活やライフスタイルは異なる面も多いので、その点はしっかりと下調べをしていくことが必要となります。
そのポイントを様々な情報を得ながらつかんでいくことで、留学生活が非常に豊かなものとなるのです。

ニュージーランドに高校留学したい人が生活面で知っておきたいこと

ニュージーランドに高校留学したい人が生活面で知っておきたいこと ニュージーランドは日本からの直行便もあり、時差もさほどないこと、犯罪などの危険が他の国よりも少ないなど様々な理由で高校留学を考える方や親御さんが多いようです。
ただし、時差がない、犯罪が少ないということだけで留学がうまくいくわけではなく、高校留学をする上で最低限必要な情報を知っておくことが大切です。
まず、ニュージーランドは先住民族がたくさん住んでおり、その文化が大切にされています。
さらにイギリスなどヨーロッパの国々が開拓した影響もあり、イギリスの文化や習慣が強く残っています。
さらにIT技術が普及していて、学校の授業などの際にパソコンが必要となることも多く、教室では充電が困らないようにされているところが多いようです。
さらに自主性を重んじる文化から自主勉強のカリキュラムもあるため、学校生活だけでなく、日常生活でも決められたことをやっていればよいと考えることは危険です。
こちらが困っていることを察して親切に教えてくれるわけではなく、わからないことがあれば積極的に聞く姿勢を持たなければいけません。
また、英語はイギリス寄りのものとされていますが、アクセントはアメリカともイギリスとも違い独特なものなので、ヒアリングの際には注意が必要です。

高校留学をする国は安全性も考慮して選ぶべき

"高校から海外で学びたいと考えている方が少なからずいるかと思われます。英語力を高めることができますし、コミュニケーション能力などの人間性に関しても向上できるため、高校留学をするメリットは大いにあります。ただ、高校留学をする際に注意するべきことがあります。それは日本のような安全なところが少ないことです。人気が高いイギリスやアメリカであっても重大犯罪が生じるリスクが日本より明らかに高いため、安全に生活できるのかをしっかり確認する必要があります。日本で生活していると勘違いしてしまいますが、女性が夜一人で歩いても大丈夫なのは本当に稀です。高校留学をすることは構いませんが、国選びは慎重に行ってください。また、住居もセキュリティの高さで選ぶことをおすすめします。費用を抑えるために安さで選んでしまう方がいますが、セキュリティに問題がある家を選んではダメです。何かが起こってからでは遅いことをしっかり認識しなければいけません。"

高校留学をすることは大学受験に有利か不利か

高校留学を将来のステップとするためには、大学入試を見据えて期間やプログラムを選ぶ必要があります。英語力をアップさせることは試験で高得点を得るのに有利になり、また高校留学での豊かな体験が人間力をアップさせるという点でも有利になりますが、入試に必要な他の学科がおろそかにならないようにしなければなりません。長期間海外に滞在することは、他の教科を日本語で学ぶ機会がないということになります。参考書や問題集を持って自習するという妥協策もありますが、受験勉強と留学を親から離れた異国の地で両立させるのは至難の業です。もし半年以上の長期間を考えているのなら、高校1年のうちに留学をするのがおすすめです。2年生になったら受験勉強を犠牲にすることなく語学力をアップさせることができる程度の期間、つまり半年くらいが適度でしょう。ただしあまりに短期間だと、英語の上達が見込めないので1カ月くらいは英語圏に滞在することが理想です。

勉強以外の学びが多いニュージーランド高校留学

一般的な高校留学先として定番であるアメリカやイギリス、オーストラリアの他にニュージーランドがあります。アメリカやイギリスは大学進学まで見据えて行く国というイメージがありますが、日本と同じ島国で自然豊かなニュージーランドには勉強以外のメリットも多く存在します。 全寮制の学校でもなければ、現地の家庭で暮らしながら学校に通うのが一般的な高校留学のパターンです。留学生という区別はなく、現地の高校生と同じように勉強し、生活するのですから、学校だけでなく暮らしの全てが社会経験となります。こうした生活環境に身を置くことで、日常的な英語が自然に身についていくことはもちろん、暮らしや様々なアクティビティーの中での学びから大きく成長する機会が得られます。特に日本にはない壮大なスケールの大自然の中での体験は、机上の学びにはないインパクトがあり、人生の貴重な経験となることに違いありません。 こうした環境を知ることで、留学で得たいものがより見えてくるでしょう。

ニュージーランドは高校留学をさせるのにもっていこいの国

留学は大学からでもいいかもしれません。しかし高校留学をするメリットは、若いうちからいろんな世界を見て自分の進路について考えることができるということです。日本の普通科高校を卒業した方ならわかるかと思いますが、中学校と高校は学習の難易度が違うだけで中学校と同じように一斉教育ですし、大学ですら専門教育が始まるのは大学3年生からです。下手をすると自分の進路について真剣に考えないまま、周りに流されるようにして就職活動をして、就職してから「自分はいったい何をやりたいのか」ということを考え始めることにもなります。留学は自分の育ってきた環境を客観的に見るいい機会です。 高校留学をさせるなら英語力はもちろんのこと、治安のいいところで学費も安いところがいいでしょう。ニュージーランドのほとんどの学校が公立校で、留学生も多くが公立校で学んでいます。国を挙げて留学生の受け入れに取り組んでおり、国が留学生へのサポート体制を監督しているため、留学生にとっては安心です。学校は4学期制で1月末から始まり、12月中旬に終了します。

高校留学について詳しく知りたい

ニュージーランドで憧れの高校留学