債務整理をしたときローンはどうなる?~早期借金返済方法~

債務整理をしたときローンはどうなる?~早期借金返済方法~

債務整理をしたときローンはどうなる?~早期借金返済方法~

多重債務による返済に追われているために生活が苦しいという理由で生活保護を申請する人がいますが、当然そのような理由では生活保護は受けられません。生活保護費というのは憲法で保障されている人間としての最低限の生活を送るためのお金ですから、それを住宅ローンや消費者金融などからの借金の返済に充てることは到底認められません。つまり、借金のある人は生活保護が受けられません。

会社が倒産して収入が無くなった場合は生活保護を受けることはできますが、生活保護はあくまでも生活をしていくだけのお金の無い人のためですから、家や預金のある人は生活保護が受けられません。家を売却したり、預金を解約したりして生活費に回すことを要求されます。

そこで、仕事が無くなったことで借金の返済ができず、生活もできない場合は、自己破産をするしかありません。自己破産をすればすべての財産を失いますが、免責によって借金もなくなるため、一人の無収入の生活困窮者になるわけですから、生活保護を受けることができます。自己破産者であることは生活保護の不許可事由には該当しません。

ただし、自己破産後に仕事に就いて収入を得た場合、借金の返済は必要ありませんが、生活保護からは外さることになります。

債務整理する方必見情報まとめ【最新版】

シミュレーターを使って減額出来るのかチェックしましょう!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【成功者が語る】債務整理する前に!弁護士の選び方&トクする情報まとめ