債務整理連帯保証人への影響とは?【借金完済方法】

債務整理連帯保証人への影響とは?【借金完済方法】

債務整理連帯保証人への影響とは?【借金完済方法】

借金問題で悩む人も多いですが、借金問題は一人で解決しようとしてもとても難しいです。
できるだけ早く法律相談のプロに相談することが大事です。
借金問題を解決するには、債務整理という方法があります。
その中には過払い金請求や任意整理、特定調停や個人再生、自己破産などがありませす。
債務整理とは、法的に借金を一度見直して無理のない生活をおくれるように、借金問題で困っている人を再生させる方法です。
法律事務所で専門家に相談して、できるだけ自分にあった債務整理の方法をアドバイスしてもらうといいでしょう。
借金をする場合は、連帯保証人をたてている場合があります。
連帯保証人になると、借金をした人が返済できない場合に借金を背負うことになります。
連帯保証人が借金を返済する場合は、ほとんどが一括返済することになりますが、もし一括返済できない場合は債務整理をしなくてはいけません。
債務者が借金の連帯保証人を立てている場合は、債務整理の方法で連帯保証人の影響もかわってきます。
自己破産は、債務者の借金は免除されますが、連帯保証人には支払いの義務が生じます。
保証人が払えなければ、保証人も自己破産しなければいけません。
任意整理になら、連帯保証人を立てている借金のみを除外して債務整理することができます。
除外した借金に関しては、債務者が今まで通り返済を続けます。
債務者が債務整理をしなければいけない時は、事前に保証人と話すことが大事です。

債務整理する方必見情報まとめ【最新版】

シミュレーターを使って減額出来るのかチェックしましょう!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【成功者が語る】債務整理する前に!弁護士の選び方&トクする情報まとめ