債務整理するとどんな影響がある?※借金返済困難な方!

債務整理するとどんな影響がある?※借金返済困難な方!

債務整理するとどんな影響がある?※借金返済困難な方!

債務整理すると大きなデメリットがあるように思っている人が非常に多いものですが、実際にはさほど大きな影響はなく、保証人をつけている場合を除けば積極的に債務整理するのがお勧めです。また、保証人にさえなっていなければ家族に悪い影響を与えることもまずありません。債務整理と一言でいっても数種類あるので一口にはいえませんが、選択する基準として毎月の支払で元金で一向に減らない場合には多くの場合債務整理するといいです。
債務整理すると戸籍に載るなどのデマもありますが、もちろんそういったことはありません。正確には官報公告というもので債務整理した人は報じられるものの、一般の人はその存在すら知らないので、例えば知り合いの人に債務整理したことをバレるようなこともまずありません。また、債務整理の中で一番軽微な任意整理では官報公告自体うたれません。保証人を設定していない場合には個人信用をやや損なってしまうのが最も大きな影響だといえます。
具体的には債務整理すると信用情報機関の事故情報に掲載されてしまいます。信用情報機関とは日本に数種類存在する個人の信用を管理している企業であり、信用を落とす行為をした人は事故情報と呼ばれるものに登録されます。事故情報とは一般的にブラックリストと呼ばれるものであり、これは例えばお金を融資してもらう際や車のローンを組み立てる際などに参照されるため、審査に落ちる可能性が高まってしまいます。

債務整理する方必見情報まとめ【最新版】

シミュレーターを使って減額出来るのかチェックしましょう!

⇒無料シミュレーターはこちらから

おすすめ記事
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
⇒【成功者が語る】債務整理する前に!弁護士の選び方&トクする情報まとめ